初めての人向け国会図書館の使い方解説!【最強の無料漫画喫茶】

ライフハック
Sponsored Links

どうも、現役東大生のさっぱりです。

皆さん、漫画喫茶とか行かれますか?

普通に単行本を買うよりは安く漫画が読めますが、それでも3時間で1000円以上しますよね。

無料で漫画読み放題の漫画喫茶があればいいなぁ……

実はあるんです、国会図書館っていうんですけど。

今回はそんな、国会図書館の使い方についてご紹介します!

この記事で、国会図書館の特徴から、使い方まで「さっぱり……」が「はっきり!」になります!

漫画読み放題の図書館!?

国会図書館は、国会に付属した図書館で本当に国会議事堂の真横にあります!

最寄駅は赤坂見附駅や永田町駅、国会議事堂前駅です。

国立国会図書館法という法律で、国内で出版されたあらゆる書籍は国会図書館に1冊納めることとなっています。(納本制度)

そのため、文字通りなんでも本が揃っているんですね!

もちろん漫画だって例外ではありません!

国会図書館の鬼滅の刃検索結果

話題の「鬼滅の刃」だって、全巻揃っています。

普通の図書館と何が違うの?

国会図書館には、普通の図書館とはかなり異なる特徴があります。

まずは先述の通り、日本国内のあらゆる本が揃っているので、普通の図書館には置いていない漫画なども読めることですね。

そのほかにも大きな違いが2つあります。

国会図書館では、借りた本を館外へ持ち出すことはできません

家に帰って読むと言うわけには行かないんですね。

この点、普通の図書館というよりは、やはり漫画喫茶に近いところがありますね。

そして、国会図書館では僕たちが本棚から本を探す、ということはありません

本の閲覧申請を出してから、専用のカウンターで受け取ることになります。

あらゆる本があるなら、目的の本を探すだけで大変なんじゃないか、という心配はご無用ということですね!

よくある疑問を解決!

ここでは国会図書館を使う前にありがちな疑問について答えていきます!

特殊な人しか使えない?

国会図書館というほどですから、なんだか国会議員にしか使えないんじゃないかという気もしちゃいますが、そんなことはありません!

国会図書館はすべての国民に奉仕するための施設です。

18歳以上の国民なら、誰でも国会図書館を利用することができます

18歳未満の人は、普通は国会図書館を利用することができませんので、もう少し待ってくださいね。笑

研究目的じゃないとダメ?

国会図書館は、ただ漫画を楽しみたい!というような人でも使えるのでしょうか?

答えはイエスです!

貴重な古典作品などの一部の申請が必要なものは確かに研究目的でないと貸し出しは許されません。

しかし、普通の本なら目的を聞かれるようなことは絶対にありません!

漫画喫茶を読んでいるのは恥ずかしくない?

でも、そんな真面目そうな施設で漫画なんて読んでたら、浮いてしまって恥ずかしいんじゃない?とお思いの方もいらっしゃるかもしれません。

その心配も要りません!

受け取りカウンターの前にソファーが何列も並んでいるのですが、そこに座っている人たちが開いてる本をチラッと見ると、かなりの確率で漫画を読んでいます。

僕もガンガン漫画を読みまくっています!

仲間はたくさんいますので、心配せずにきてくださいね。笑

ドリンクバーはある?

普通の漫画喫茶にはドリンクバーがありますよね。

国会図書館にはもちろんドリンクバーはありません。笑

というか飲食禁止です!

冷水器や食堂、カフェがあるので、そこを利用してください。

食堂には弁当の持ち込みなどもできるようです

初回利用時の手順を解説!

ここでは、初回利用時の人のために、登録から本の貸し出しまでの手順を説明します。

まずは利用者登録

初回利用の人は、まずは利用者登録をしましょう!

利用者登録は国会図書館の新館で行う事が出来ます。

必要なものは氏名、生年月日、現住所が記載された本人確認書類です。

免許証保険証などを準備しておきましょう。

新館に入ってすぐのところに案内の人が立っているので、その人の指示に従って利用書登録を済ませてしまいましょう。

だいたい10分くらいで終わります。

利用者登録が終わると、登録利用者カードがもらえます。

これは入館に必要になるので、次回以降も忘れないようにしましょう。

荷物はロッカーに預けよう!

利用者登録が終わったら、ロッカールームに進みましょう。

ここからは2回目以降の人も同じです。

国会図書館には、カメラやコピー機、刃物、傘といった持ち込み禁止の品々があります。

また、それらが入っているかわからないような、鞄や封筒のような不透明な袋類も持ち込めません。

ロッカールームには、透明なビニール袋が用意されているので、必要なものはそれに入れて持ち込み、それ以外のものはロッカーに預けましょう。

スマートフォンや筆記用具、本などは持ち込み可能です!

後で述べますが、暇つぶしの道具は必要なので、スマホや本は忘れないようにしましょう

ちなみに、ロッカーは100円を入れて、後で帰ってくる奴です。

100円玉も忘れずに用意してくださいね!

本の閲覧申請をしよう!

ロッカーに荷物を預けたら、いよいよ入館です。

利用者登録の際にもらったカードを駅の改札のようなゲートにタッチします。

なんだかハイテクですね。

普通の本を受け取ったり返したりするカウンターは本館にあるので、本館まで向かいましょう。

雑誌カウンターは新館にあるので、雑誌が読みたい人は新館でOKです!

本を借りる前には資料の請求をする必要があります。

図書館内のパソコンか、自分のスマホなどからも請求の手続きはできます

自分のスマホからできるのは便利ですね。

図書館内のパソコンから請求を行う場合には、利用者カードをパソコンの横にある機械にセットします。

国会図書館オンラインから借りたい本を検索して、見つかったら資料の請求をしましょう。

スマホからでもほとんど手順は同じです。

国会図書館オンラインのサイトにアクセスし、右上のメニューから、利用者登録時に知らされるIDとパスワードでログインしてください。

パスワードは変更可能なので、自分の覚えやすいものに変えておきましょう。

ログインできたら、同じように資料を検索して、閲覧の申し込みをします。

パソコンでもスマホでも、検索画面から、閲覧のボタンを押しただけでは申し込みは完了していないので注意してください。

そこで閲覧ボタンを押した本はカートの中に入っているので、右上のカートから閲覧申し込みをしましょう!

まるで通販サイトのような作りですね。笑

普通の本や漫画は一度に3冊まで、雑誌は10冊まで閲覧する事が出来ます。

閲覧申し込みをしてから、本が受け取りカウンターに届くまでは2~30分かかります。

最初のこの時間はどうしても暇になってしまうので、何か暇つぶしの道具を持ち込むようにしましょう。スマホで大丈夫です。

本の受け取り・返却

本が届いたかどうかも館内のパソコンや自分のスマホからチェックできます。

到着待ちの本は左上の砂時計のマークで、到着済みの本はチェックマークの部分に数字で表示されます。注意マークの数字は未返却の本の数を表します。

本が到着したら、受け取りカウンターまで受け取りに行きましょう。

受け取った本は館内で自由に読む事が出来ます。

僕はいつもカウンターの前のソファーで読んでいます。

本を読み終わったら返却カウンターで返却します。

返却をすると、その数だけまた閲覧申し込みができるようになります!

満足したら退館しましょう。

また改札のようなゲートで利用者カードをタッチして退館です。

未返却の本があると退館できないので注意です!

効率よく使うためのポイント

さっき書いたように、国会図書館では読みたい本をスマホ等から閲覧請求をして、それがカウンターに到着するまで待つ必要があります。

2~30分かかります。

どうしても入館して最初の請求では待つ必要があるので、暇つぶしのアイテムを持ち込むように書きました。

2回目以降の請求では工夫すれば空き時間をなくすことができます。

普通の本は一回に3冊まで借りる事が出来ますが、かならず1冊残して返却し、最後の本を読む前に次の本の閲覧申し込みをしましょう!

そうすれば、残った1冊を読んでいる間に次の本が届き、空き時間をなくすことができます!

ぜひやってみてくださいね!

「国会図書館の特徴・使い方」のはっきりポイント

今日のはっきりポイント

  • 国会図書館は漫画も無料で読み放題!
  • スマホから閲覧申し込み→受け取り→返却
  • 1冊残して閲覧申し込みをすれば待ち時間が空かない!

皆さんの「さっぱり……」が「はっきり!」になりましたか?

良いはっきりライフを送れますように……!

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました